暮らすように旅したい!いつもとはちょっと違った旅のスタイル

暮らす旅をするために必須の宿泊場所選び

観光地を巡って、有名なレストランで食事をして、という旅も楽しいけれど、時には、まるで、その地で生活しているかのような時間を過ごしてみるのも、魅力的な旅の過ごし方ですよね。

そんな旅をしてみたいと思ったら、まずは、行きたい場所にある宿泊場所を探しましょう。暮らすように旅するためには、さまざまなサービスや設備が完備されたホテルでは楽しめません。期間によって契約可能なアパートメントやコンドミニアム、別荘、また、バケーションなどで長期的に家を留守にしている人から一軒の戸建てやマンションをまるまる借りるという方法もあります。

自分の希望のスタイルにあった宿泊場所を選んで、暮らしている気分でゆったりとした時間を楽しむのもよいでしょう。

暮らしている気分を盛り上げるポイントは?

ツアー客でいっぱいのロビーや、ゲストへのサービスに勤しむスタッフの光景を見ることのない、暮らしているような時間を過ごすだけではいまいち気分が盛り上がらないという人は、食材を買いに出かけて見ましょう。地元の人で賑わう市場やスーパーを歩き、その国ならではの食材を手にしていると気分はすっかり在住者です。滞在中に何度か足を運ぶうちに、現地の人と顔なじみになんてこともあるかも。部屋に戻ったら現地料理にチャレンジして、滞在中に得意のレパートリーを増やしてみるのもよいかもしれませんよ。

また、変わった文化がある場所へ行ったなら、その文化を体験してみるのも気分を盛り上げるポイントの一つ。現地の人の日常着である伝統服を着てみたり、ちょっとしたイベントなどに参加することで、より深い旅の思い出ができることでしょう。

冬になったら大分のタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。