湖と温泉!ニュージーランド・タウポで遊ぶ!

露天風呂に浸かって、南十字星を眺める!

タウポは、ニュージーランド最大の湖タウポ湖のほとりに広がるリゾート地です。温泉といえば、ロトルアが有名ですが、タウポにもたくさんの温泉があります。温水プールのような施設もあれば、温度が高く露天風呂としてゆっくりと浸かれるものもあります。タウポは観光地ではありますが、建築物が多くはないので、夜ともなれば満天の星空を眺めることができます。タウポは夏も最高ですが、冬であれば1時間ほどでスキー場に行ける立地条件ですので、スキーを滑って、その後、ゆっくりと温泉という贅沢も可能です。日本の夏に、ニュージーランドに温泉スキー旅行というのも乙なものです。

レイクの周りで遊ぼう!

タウポは湖なので、水温が低く、真夏日でないと泳ぐのは寒いかもしれません。しかし、湖の周辺ではいろいろなアトラクションがあるので、退屈することはないでしょう。中でも、「ホールインワン」は一番の目玉です。湖に設置されたグリーンめがけて、ボールを打ち込みます。気分爽快な上、うまくグリーンに乗れば、観客から大きな拍手をもらえます。また、湖では遊覧船が出ており、のんびりとした船旅を楽しめます。それから、湖の前には、たくさんのレストランが並んでいるので、ディナーも心配いりません。湖に沈む夕日を眺めながら、ニュージーランド料理を楽しむのは、素敵な思い出になるでしょう。

ここで大山に行くならタビマスターズを活用して旅行を計画しよう。

ハネムーンという言葉

正確にはハニームーンです

ハネムーンというのは、日本で言えば新婚旅行です。ハネムーンに行った、という言葉が通じるくらいには浸透していますから、実は認知されている言葉ではあります。しかし、これは正式な英語ではないです。正確にはハニームーンと言う言葉になります。これは夫婦になったしばらく間、ハチミツ酒を飲む、という風習があったので、そう呼ばれていたわけです。実際にはどうなのか、ということはともかくとして、日本では新婚旅行のことを指す言葉になっているのは間違いないことであるといえます。夫婦でお互いに良いと思えるところにいって楽しむべき旅行です。

さすがに迷惑がかかるので

新婚旅行というのは、余程のことがない限りは迷惑をかける可能性が高いです。特に最近は海外旅行に行くことが多いですから、さすがに二泊三日とかそうしたレベルの旅行ではないからです。会社の人もそれなりに新婚であるから、ということで許容してくれるのが当たり前になっています。もちろん、例外はいくらでもありますから、とにかく多くの人が新婚さんだから、という理由で許してくれているわけです。あくまで有給を使っているとしてもそれはそうなります。そのため、お土産はしっかりと買っていくことです。そこそこのものにしたほうがよいです。

秋になったら菊池で話題のタビマスターズを見つけて旅行に行こう

旅行というのは計画をしっかりと

目的がはっきりとしていれば

旅行と言うのは、計画をしっかりと立てることによって、非常に上手く行くようになります。その可能性が高くなります。もちろん、あくまでそれでも何かしら、問題が起きるときもあります。それもある意味では旅行の醍醐味ですから、それは忘れないことです。しかし、国内旅行であれば、ある程度は無計画でも意外とどうにかなることもあります。しかし、旅慣れしていないと辛いこともありますから、やはり基本的にはしっかりと目的をはっきりとさせて、出来るだけスムーズにいけるようにしたほうがよいです。それがよい旅行の仕方であるといえます。

食事を目的にすることも

旅行の一つの楽しみとしては、食事があります。名物が色々とありますから、それらを目的にする、ということもあります。これは非常に分かりやすい旅行の目的にできますから、上手く行く可能性が高くなります。何もかも上手くいくとは限りませんが、それでも計画は大事です。名物に美味い物なし、ということもありますが、やはり思い出になるのは間違いないです。ですから、食事が目的の旅行も良いものです。つまりは、食べ歩きの旅行、ということであり、意外と多くの人がやっていることになります。名産品というのは、目的になり得るものです。

冬になったら倉吉市行きのタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。

暮らすように旅したい!いつもとはちょっと違った旅のスタイル

暮らす旅をするために必須の宿泊場所選び

観光地を巡って、有名なレストランで食事をして、という旅も楽しいけれど、時には、まるで、その地で生活しているかのような時間を過ごしてみるのも、魅力的な旅の過ごし方ですよね。

そんな旅をしてみたいと思ったら、まずは、行きたい場所にある宿泊場所を探しましょう。暮らすように旅するためには、さまざまなサービスや設備が完備されたホテルでは楽しめません。期間によって契約可能なアパートメントやコンドミニアム、別荘、また、バケーションなどで長期的に家を留守にしている人から一軒の戸建てやマンションをまるまる借りるという方法もあります。

自分の希望のスタイルにあった宿泊場所を選んで、暮らしている気分でゆったりとした時間を楽しむのもよいでしょう。

暮らしている気分を盛り上げるポイントは?

ツアー客でいっぱいのロビーや、ゲストへのサービスに勤しむスタッフの光景を見ることのない、暮らしているような時間を過ごすだけではいまいち気分が盛り上がらないという人は、食材を買いに出かけて見ましょう。地元の人で賑わう市場やスーパーを歩き、その国ならではの食材を手にしていると気分はすっかり在住者です。滞在中に何度か足を運ぶうちに、現地の人と顔なじみになんてこともあるかも。部屋に戻ったら現地料理にチャレンジして、滞在中に得意のレパートリーを増やしてみるのもよいかもしれませんよ。

また、変わった文化がある場所へ行ったなら、その文化を体験してみるのも気分を盛り上げるポイントの一つ。現地の人の日常着である伝統服を着てみたり、ちょっとしたイベントなどに参加することで、より深い旅の思い出ができることでしょう。

冬になったら大分のタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

海外旅行でお金に関しての注意点

クレジットカードを海外で使う

カード一枚で大抵の支払いを済ますことのできるクレジットカードは大変便利な決済手段として海外でも利用されています。しかしその便利さゆえに、持ち歩くときはいくつかのチェックポイントを確認しなければなりません。第一に、クレジットカードは必ず複数枚所持する事が大切です。お店によっては使える種類のカードと使えない種類のカードがありますので、2種類以上の会社のカードを常に携帯しておくことは大切です。万が一カードを紛失してしまった場合でももう一枚のカードを利用する事ができますので、リスクの分散を行う事が可能です。

日本円もある程度持って行こう

海外旅行において、現地通貨が無くなってしまった場合に活躍するのが日本の紙幣です。街中の至る所に日本円を現地通貨に両替してくれる両替店は存在しますが、お店によっては日本円での支払いが可能なお店もあります。海外では日本円の信用度は非常に高いので、日本円での支払いはむしろ歓迎される場合もあります。そのため、1000円札を何枚か常に所持しておくことで、急な現地通貨不足という事態から逃れる事ができます。両替店ですと手数料が取られてしまいますが、この方法を使う事により手数料の支払いを免れる事ができますので便利です。

こちらのサイトから山形の一部で話題のタビマスターズを見つけて今すぐ飛び立とう

母の海外旅行への想い

初めての感動と感激に突き動かされ

母が初めて海外旅行をしたのは50代半ばのことでした。行きたい、行きたいと切望していながら、仕事と家事と育児に縛られ、その年になるまで叶えることができませんでした。

初めて訪れた海外の地は中国。シルクロードや万里の長城に憧れ続けていたからです。父と二人、感動と感激の滞在期間を過ごしたのでしょう。熱のこもったエアメールだけでは飽き足らず、帰国したあとに思いの丈を書き綴りました。いかに広い大地だったか、異国の空気にあふれていたか、そして、海外旅行がどれだけ素晴らしいものなのか。

手書きの文章をコピーして綴じただけの小冊子には、ところどころに写真が載っていました。どの母も笑っていました。

アジアの風に魅了されて

海外旅行の楽しさ、面白さに目覚めた母は、50代半ばから60代にかけて、何度も渡航しました。ことに魅了されたのはカンボジアのようです。アンコールワットで撮影した写真を大きく引き伸ばし、リビングに飾っていました。

再び中国にも訪れましたし、軽くお茶をするような感覚でシンガポールへ出かけたこともあります。もはや、母にとって、アジアの国々は隣県に遊びに行くほど近しいものでした。

現在、母は70代半ばに差し掛かっています。入退院を繰り返した時期もありましたから、海外旅行をあきらめているかもしれません。それでも、「行っておいてよかったよ」と満足しています。

春になったら宮崎のタビマスターズを発見して旅行を楽しもう。

中国は歴史が長いので旅行先として

観光名所は腐るほどあります

中国というのは、さすがに歴史が長いですから、観光するところも多いです。はっきりいって、腐るほどあります。また、日本に与えた文化的な影響も強いですから、日本人に懐かしく思えるところも多いです。十分に見るべき価値がある歴史的な遺物や自然があります。また、物価も安いですから、それなりに豪華な旅行をすることができる、ということもあります。但し、最近は経済発展が著しいですから、都市部では物価は大して変わらない、ということもあります。ですから、それにはそんなに期待しないほうがよいです。しかし、楽しむことができることは確かです。

経済発展も著しいので

中国の雄大な自然を楽しむのもいいのですが、都市部で発展している町並みを見ることも意外とよいものです。上海なんかはとても見る価値があるところがたくさんあります。また、料理もよいものが多いです。言うまでもありませんが、中華料理というのは世界三大料理といわれるくらい素晴らしいものです。しかし、非常に大きな国ですから、当然ですが、味付けなどの特色がまったく違います。そのあたりは覚悟しておくことです。辛い料理で有名な四川なんかではそうした料理ばっかりです。しかし、それでも食べて見ることがお勧めできます。美味であると有名です。

秋になったら熊本のタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。